2016年10月09日

私の小川さん全部を披露します。その1

小川さんの読書が進まないため、別の見方をしましょう。
(前回も言いましたが、完全に自分の都合の良い考えになっております・・・。)

私の小川さんのすべてを数回(いや、この投稿の内容からすると十数回になるかも…。)に分けて披露いたしますね。

・小川国夫全集
私が小川さんを読み始めるきっかけとなった記念すべき物です。
またこのブログを始めたのも、これを契機に小川さんと私の住む町藤枝市の情報を投稿する場としていこうという考えからなんです。

これを購入したエピソードもこのブログの初めの方に投稿していますが、
約5年前に全集14巻を1冊105円という破格の超安値にて入手しました。当時でも今でも、この価格はネットにも見られないというすごいものだったんですねえ。しかも全巻揃っていて、とても美品でたぶん最初に購入された方は、全巻読んでなかったと思います。

そして、この小川さんの全集の購入は、私にとっては、自分の読書対象が変わったという大きな出来事の一つになりました。

それは、以前は歴史小説(ほとんど幕末もの)や戦記物(太平洋戦争関連)を中心にしていて、いわゆる著名作家の小説(純文学小説や私小説も含みます)というものをあまり読まなかったんです。
それがこの小川全集を購入したことによることと、松岡正剛さんの千夜千冊を以前よりもよく見るようになったことにより、ジャンルの幅が広がりました。

今は、芥川龍之介も夏目漱石も太宰治も読みます。前は読む気がしなかったというのが私の正直な思いになります。
それが今はほんとに、いわゆる文豪から著名人のものが普通に読めるようになったのだから読書は面白いなあ。というよりもそういう変化はちょっとしたきっかけから起きるんだなあとしみじみ思いますね。

今も古書店中心に、様々な本を手に取り眺めながら少しずつ自分の読みたい本を購入していますよ。
もちろん、小川国夫さんの本も購入していきますよ。

でもホントにこの全集は安かった。改めて思う今日この頃の私です。
posted by 枝っ子たけちゃん at 22:55| Comment(0) | 小川国夫関連本 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。